VAI-230X


 ▾ この製品の特長

ミニバレット型
マルチモード屋外用赤外線カメラ
仕様書仕様書pdf

 ▾ フルハイビジョン出力の高解像度カメラ

従来のアナログ方式52万画素CCDカメラよりも高解像度の1920×1080CMOSイメージセンサーを使用し、より鮮明なフルハイビジョン画像を出力することが可能。


 ▾ 赤外線+電子感度アップ+3次元DNR回路の融合による暗視カメラ

赤外+電子感度アップ+3次元DNR回路の融合による 暗視カメラ

通常のデイナイトカメラは夜間になると暗くなりノイズを発生させます。
又、赤外線を照射するタイプでも光の反射が少ない場所では効力を発揮出来ません。
VAI-230Xでは高解像度赤外線LEDの照射装置に8倍の電子感度アップと
新開発の3次元DNR(デジタルノイズリダクション)回路を融合させて、
明るさに応じた低速シャッター長時間露光+自動ノイズ除去、又赤外線を同時投光させることにより
低照度時の露光時間の大幅な短縮化を実現いたしました。


 ▾ Day&Night・高解像度設計

昼間はカラー、夜間照度は0.5Lux以下で白黒映像に変化します。
※デイナイト機能と電子感度アップ機能は自在に組み合わせが可能です。


 ▾ 特徴

屋外設置可能な防水機構(IP66相当)
赤外線照射距離 最大15m
3.6mm F2.0広角レンズ搭載(水平角度82°)
デイナイト機能(カラー/白黒 自動切換)
赤外線連続照射5,000時間以上(赤外ユニット交換不可)
3次元DNR(デジタルノイズリダクション)機能
低照度時に発生するノイズ成分を自動分析し除去します。
見やすい映像はもちろん、DVRなどの記録メモリが節約出来ます。

 ▾ 仕様

型式 VAI-230X
レンズ(焦点距離) (焦点距離)単焦点レンズ f=3.6mm
画角 水平82° 垂直44°
絞り範囲 F:1.9
イメージセンサー 1/3型 2メガピクセル CMOS
表示画素数 1920(H)×1080(V)
テレビジョン方式 AHD/TVI/CVI/CVBS(NTSC/PAL)
走査周波数
NTSC(水平:15.734KHz 垂直:59.94Hz)
PAL(水平:15.625KHz 垂直:50Hz)
映像出力(AHD2.0) 1.0Vp-p 75Ω
映像出力(CVBS) 1.0Vp-p 75Ω
水平解像度 AHD/TVI/CVI:1920(H)×1080(V) CVBS:550TV本
S/N比 55dB以上(AGC OFF)
最低被写体照度 0.04lx(0.005lx 電子感度8倍、AGC MAX、F1.9、25IRE)
0lx(赤外LED点灯時)
AGC オート(45dB max.) LEVEL(1~15)
電子アイリス(AES) 1/30s(1/25s)~1/50000s
電子シャッター AUTO,1/30s(1/25s),1/60s(1/50s),FLK,1/240s(1/200s),
1/480s(1/400s),1/1000s,1/2000s,1/5000s,1/10000s,1/50000s
ホワイトバランス ATW/AWC/INDOOR/OUTDOOR/MANUAL/AWB
OSDモード 有り(ケーブルに付属)
逆光補正 OFF/BLC/HSBLC
D-WDR(デジタルワイドダイナミックレンジ補正) OFF,ON,AUTO
デジタルノイズリダクション 2D,3D
電子感度アップ ×2,×4,×6,×8,×10,×15,×20,×25,×30
デイ・ナイト機能 外部制御/オート/カラー/白黒
その他機能 モーション検出、プライバシーマスク設定可能
電源方式 DC12V±10%
消費電力 4W(12V 330mA)
動作温度・湿度 -10℃~50℃ 湿度80%以下(但し、結露しないこと)
外形寸法 69.5(W)×84(H)×185(D)mm
質量 500g
付属品
取扱説明書、取付ネジ一式、L型レンチ
原産国:中国